スポンサーリンク

あわきそブログ ~遊びと学びといろんな知識~

どうも、あわきそと申します。社会に出てから、販売系の仕事や教育系の仕事をしてきました。日常生活で感じたことや、自分が持っている知識や情報がお役に立てればと思いブログを作りました。ゆっくりしていってくださいね(・ヮ・)

【任天堂が特許出願!】ゲームボーイスマホカバーについて予想してみました!

当時のワクワク感が甦る!?スマホでゲームボーイが遊べるようになる!

f:id:awakiso:20181026224000j:plain

任天堂は『クラシックミニシリーズ』としてこれまでファミリーコンピュータ、スーパーファミコンを発売してきました。

絶頂期を知る世代は、当時の懐かしさからその購買意欲を駆り立てられました。

またもや当時の世代だけでなく、若い世代にも魅力となりそうな商品を発売しそうです。

それは『ゲームボーイ スマホカバー(正式名称不明)』です。

 アメリカにて任天堂がスマホのカバーを特許出願したようです。

ゲームボーイスマホカバー外側再現図

ゲームボーイスマホカバーとは?

普段はスマホカバー、遊ぶときはスマホの画面を利用して、ゲームボーイを楽しめる作りになっているようです。

これまで、スマホでレトロゲームを遊ぶにはエミュレータを使用することで当時の再現は可能でした。

しかし、エミュレータの場合、画面上に表記された十字キーやボタンを押して操作する形となるため、操作性に若干の違和感を感じます。

ボタンを押しているつもりがきちんと押されてなかったり、誤操作になってしまうことがよくありました。

今回特許出願されたカバーでは、接点認識を利用しており、これにより当時の操作性を再現されることが期待できます。

ゲームボーイスマホカバー内側再現図

現在任天堂はスマホアプリへの参入をしており、

「スーパーマリオラン」

「ファイアーエムブレムヒーローズ」

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」

「ドラガリアロスト」

といったタイトルを発表しています。

過去のゲームボーイのタイトルも、この形式で出されるのかもしれません。

ゲームボーイの発売タイトルは、通常の白黒版とカラー版を合わせて1,246タイトルあります。

1,448タイトル発売されたスーパーファミコンに匹敵するタイトル数です。

全タイトルを再販することはないでしょうが、それでも人気作・名作は多数あります。

もしかすると、スマホアプリへの参入はこの布石だったのでしょうか?

ちなみに一世を風靡した「ポケモンGO」は任天堂の開発・運営ではありません。

ゲームボーイスマホカバー予想図

※上記は予想図です

なお、今回のケースの発売によって、過去のゲームボーイソフトをスマホアプリにて再販する可能性が高いと思われますが、『接点認識』という点から、おそらくゲーム画面にも十字キーやAボタン・Bボタン・セレクトボタン・スタートボタンは表示されるかと思います。

よって、ゲーム画面は先ほどお伝えしたエミュレータと同じような形になるのではないでしょうか?

接点の部分にはタッチペンのペン先のような素材を使用し、外側の十字キーや各ボタンを押すことでスマホの画面上のボタンを押す仕組みになるのでしょう。

画面上にもボタンが表示されるのであれば、カバーなしでも遊ぶことは出来そうです。

つまりは『カバーがなくても遊べるけど、カバーがあった方が操作はしやすい』ということかと思います。

ゲームボーイへの期待感

それまでテレビ画面でしか出来なかったゲームが、「自分の手の中で遊べるかたち」になったことは、当時とても斬新であり、多くの子供たちを喜ばせました。

私も中学生の頃はどっぷりハマってました(・w・)

現在発売されているニンテンドー3DSなどにも、ゲームボーイ→ゲームボーイアドバンス→ニンテンドーDS→ニンテンドー3DSと継続されたタイトルがあります。

ゲームボーイは今の携帯型ゲーム機の元祖といってもいいかもしれません。

(ゲームウォッチはちょっと除きます)

気になる点

カバーのサイズ

出願に使用された画像を見る限り、その大きさは表記されていません。

現在世間に出回っているスマホは多くのサイズがあります。

「全機種のサイズに対応」といった形をとってくれるのでしょうか?

それとも、「iphone○用」「xperia○○○用」といった型番ごとの発売になるのでしょうか?

非常に気になります。

電源

お分かりの方もいると思いますが、電源は使用しないと思われます。

あくまでもカバーであり、画面はスマホを使うので、スマホ画面にボタンを接点認識させるだけです。

価格

カバーであるので、そこまで高価格な設定はないのではないでしょうか?

先発は当時のゲームボーイデザイン、しばらくして後発にキャラクターをあしらったデザインのものが出てきそうな気がします(あくまでも主観です)。

その他のレトロハードにも応用?

今回の形式を応用することで、ゲームボーイアドバンスや、他社になりますがPSPなどをスマホで当時の操作性で遊べることが可能です。

他社も同様のケースを出してくる可能性がありますね。

あ、でも、ゲームボーイより後に発売された携帯型ゲーム機はLRボタンがあり、

スマホでのLRボタンの操作については、ちょっと違和感につながるかもしれません。

また、現在出回っている多くのレトロゲームエミュレータについても、ケースでの操作を可能にするべく「環境設定(コントローラ設定)」を加えてくるかもしれませんね。

まとめ

どうでしたか?

まだ出願状況ですので、正式な発売日や価格などは大分先の発表になると思われます。

発表が楽しみですね(・w・)/