スポンサーリンク

あわきそブログ ~遊びと学びといろんな知識~

どうも、あわきそと申します。社会に出てから、販売系の仕事や教育系の仕事をしてきました。日常生活で感じたことや、自分が持っている知識や情報がお役に立てればと思いブログを作りました。ゆっくりしていってくださいね(・ヮ・)

2年以上愛用している『超小型財布』がとても便利なことについて

2年ほど前にネットで購入した『超小型財布』を使い続けています。

今回はその使用感や詳細についてお伝えします。

f:id:awakiso:20181106152135j:plain

とにかく小さい!

手のひらの上の超小型財布

ご覧のとおり、手のひらよりも小さいサイズです。

カードや名刺より一回り大きいくらいです。

 

ブランド物の財布などは見栄えもいいですが、厚みやその大きさから、スーツの内側の胸ポケットやズボンの後ろに差し込むと、膨らみがどうしても気になります。

上着やズボンがボコッとしてると、ちょっとかっこ悪いですよね。

それに、お財布はあまりズボンの後ろに入れるのは良くないらしいですね。

お金をお尻に敷いてしまうことから、金運的にはタブーとされています。

また、座っている時など、気づかない間に落としてしまうことも。

『超小型財布』はホントに小さくて厚みも少ないため、ズボンの前ポケットや上着のポケットに入りますし、全く気になりません(・ヮ・)

低価格

『超小型財布』は複数の種類が出回っており、価格もそれぞれですが、私が購入したものは1,000円でした。

【安かろう悪かろう】という言葉がありますが、私も始めはそのつもりでした。

『1,000円だからすぐダメになるかもなぁ』と捉えていましたが、これがなかなかしっかり作られています。

小型で低価格ながら、2年以上経過した今でも、縫製がほどけたり、クタクタになったり、ファスナーが壊れたりなどの不具合は起きていません。

サイズ

超小型財布を開いた様子

『超小型財布』は3つ折タイプになっています。

たたんだ状態だと横幅が9cm縦が7cmとなっており、手のひらに収まるサイズです。

小銭入れを持ち歩く人もいると思いますが、小銭入れと同じくらいのサイズながらお札まで入ります。

収納量

通常の財布と比べても、普段使いであれば充分な収納量です。

小銭

マチのある小銭入れの部分

小さいサイズながら、小銭も14、5枚入れてもあまり気になりません。

小銭を収納するファスナーの所に「マチ」がとられているので、小銭が出しづらいということもないです。

支払いの時に、狭い中に詰まった小銭を探す苦労が軽減されています。

この工夫は嬉しいですね(・w・)

お札

お札についても10枚くらいは入ります。

必要最低限に収めておく意識も持てるので、人によっては無駄遣いも減るかもしれませんね。

カード類

免許証やその他ポイントカードなどは4枚ほど収納できます。

良く使うカード類だけ収めておいて、その他は通常の財布に入れておくといいかと思います。

使った感想

その小ささから可愛さがあり、愛着が持てます。

ブランド物の財布も良いですが、人前で広げた時に『ちっさ!』という反応があるのが面白いです(・w・)

 

先ほど、『クタクタにならない』とお伝えしましたが、おそらく中に入れているカード類が財布自体の「型紙」代わりの役目になっているんだと思います。

 

ポケットやカバンの中でもスペースを取らないサイズなので、仕事の時はもちろん、プライベートでも旅行の時でも手軽さ・身軽さを感じます。 

あからさまに財布が見えないのは防犯の面からもポイントといえますね。

 

また、デザインもシンプルなので年齢層を気にしなくてもいいかと思います。 

私が使用しているものは黒ですが、最近は赤などの超小型財布も出ているようです。

小銭入れやこういった小型財布は無骨な色が多いイメージでしたが、赤などであれば女性の方でも使えますね。

 

『大きな財布がちょっと邪魔くさいなぁ』と感じている方には是非『超小型財布』をオススメします(・w・)/